個人事業主のための法人化サポート

個人事業主が法人化する際はタイミングに注意

いざ、法人化!個人事業主の法人化を徹底サポート!

ABOUT ME

法人化するべきか迷っている個人事業主の方、又は法人化を前向きに検討中の個人事業主の方に向けて、法人化にまつわる情報を紹介するサイトです。 お問い合わせ:sole_proprietors@outlook.jp

法人化に適したタイミング

法人化に適したタイミング

ゆくゆくは法人化を視野に入れている個人事業主は、法人化するタイミングを知っておくことが大切です。個人事業主として一定期間仕事をし、ある程度軌道に乗った頃に法人化を考える人も多いでしょう。法人化の決断をするときの指標の一つが、収入が800万円ほどに上ったときです。800万円ほどの売上総利益が続いている場合、またそれ以上の所得を得るようになった場合、所得税の負担が大きくなります。一方、法人になると23.2%以上は法人税がかからないので、個人事業主で収入が安定してきたときは法人化のタイミングだといえます。また、信頼関係を結んでいるクライアントから法人化の要望が上がったときも、望ましいタイミングでしょう。

個人事業主の売上・所得で判断

個人事業主が法人化をする際、まず所得を鑑みてタイミングを図ることがおすすめです。一般的には、個人事業主の月当たりの売上総利益が60万円を超えるタイミング、もしくは所得が700万円~800万円を超えるときが目安になるといわれています。個人事業主が年間に700万円の所得を得た場合、納めなければならない所得税は161万円になります。これが法人の場合、法人税は133万円です。この数値を見るだけでも法人化した方が有利になることがわかります。
個人事業主の所得が上がるほど、法人税との差は開いていく一方です。法人税には上限があり、800万、900万と所得が上がっていったとしても23.2%までに留まります。そのため、前述した収入を超える状態が継続するようになれば法人化を検討するタイミングだといえます。

クライアントを新規開拓したいとき

個人事業主が案件を獲得する際、長期にわたるお付き合いができるクライアントを見つけることはもちろん、新規開拓も意欲的に行っていく必要があります。個人事業主としてスタートしたばかりの頃は、案件を途切れさせないことを重視する人も多いでしょう。単発だけではなく長期的に付き合っていけるクライアントを探すことも、個人事業主が軌道に乗るために欠かせないことです。長期的に信頼を築いていけるクライアントが見つかったら、さらに事業の安定化を図るために新規開拓に乗り出すことも大切です。
クライアントのなかには、社会的信用度を重視して契約する際には法人を優先するケースも多々あります。個人事業主として十分に軌道に乗り、クライアントをさらに広げていきたいと思ったときも、法人化を考える時期かもしれません。

クライアントの要望も聞き逃さない

クライアントのなかには、個人事業主と契約する場合に取引の規模を制限するケースがあるようです。たとえば付き合いの長いクライアントから法人口座開設の要望が出たら、そのときは法人化に踏み出すベストなタイミングといえます。
法人化すると、個人事業主の頃よりもさらにクライアントの幅が広がります。法人化の大きなメリットの一つは、社会的な信用を得やすくなることです。法人限定で取引をするクライアントや、規模の大きなクライアントともつながりやすくなります。取引の数が増えるということは、収入がさらに安定することにつながります。
法人化する際に必要になる資金調達には、補助金や助成金をあてることもできます。クライアントから要望が出るのは信頼されていることの証明にもなるので、要望を聞き逃さずに転機と捉えてよいでしょう。

NEW TOPICS 新着記事

  • 法人化に適したタイミング

    事業を拡大させて、ゆくゆくは法人化したいと考える個人事業主は少なくありません。しかし、どのタイミングで法人化に踏み切るべきかは慎重に考える必要があります。まず進めたいのが、個人事業主として仕事をしていくうちに売上総利益が安定してきたときです。たとえば所得が800万円を超える状態が続くなら、法人化した場合と比べると支払う税金が高くなってしまうのです。他には、事業とクライアントを新規開拓したいときも法人化を検討してみましょう。

    続きを見る

  • 株式会社設立のフロー

    個人事業主から法人化するという場合、将来の融資や出資を想定して、株式会社を設立することが多いようです。株式会社の設立には、定款を作成して、公証人の認証を受け、出資金を全額払い込んで、法務局に設立の登記申請をしなければなりません。会社実印は、設立登記の申請と併せて、法務局に届け出ます。そして税務署に法人設立の届出をする他、都道府県税事務所や市町村役場にも届出が必要であり、また社会保険のための各種届出も必要です。

    続きを見る

  • 社会的信頼度の向上

    個人事業主が法人化すれば、税務や法務面においてより厳しい規制を受けることになります。それに付随して一定の財務関係書類を公開するなど、事業の透明性を求められるのであり、これが取引先の信用調査にも役立てられています。株式会社の設立が資本金1円からでも可能になっていることから、一概には判断できませんが、それでも融資や出資を受ける場合には株式会社であることが条件であるなど、法人化によって信用度が高まることになります。

    続きを見る

FEATURE TOPICS 人気記事

  • 経費の範囲の拡大

    個人事業主が法人化すると、経費として計上できる範囲が広がります。例えば個人事業主でも、一定の家族を従業員として雇い、適正と認められる範囲において支払う給与を経費として計上することはできますが、法人化すればその他にも、代表者の給与や、役員報酬も、同じく経費として計上することができます。また経営者の自宅を会社の所有としたり、会社が家主から直接借り受けることによって、社宅にすることも可能であり、経営者が支払う家賃との差額を経費に計上することができます。

    続きを見る

  • 企業との取引は?

    一般的に大手企業が個人事業主を直接の取引相手とするのは、稀であるといわれています。これは個人事業主の信用度が低いということに他なりませんが、しかし株式会社という体裁を採ったからといって、それがそのまま信用力の強化につながるのかどうかは、ケースバイケースであり、結局のところクライアント企業内の法務部や審査部の定める審査基準次第のようです。業務内容によっては、特定のスキルや知識を持つことが重要である場合もあります。

    続きを見る

  • クレジットカードの審査は?

    社会的信用に乏しい個人事業主にとって、クレジットカードの審査に通るのも、簡単なことではありません。会社勤めであっても最近の法改正などにより、収入などの審査は厳しくなっていますが、それでも比較的審査に通りやすいでしょう。そのため個人事業主になる前に、もしもの時の備えとして1枚作っておくと便利です。仮に個人事業主になってから、クレジットカードを作るのであれば、楽天カードやANAカードは審査が通りやすいといわれています。

    続きを見る